• HOME
  • >
  • テーブルオーダー

テーブルオーダーTOPICKS

  日テレニュース 2018年9月24日

スマホで注文会計を 並ばない新サービス

アプリを入れずQRコードを読み取り、会計から注文まで出来るサービスのご案内がありました。

 

デニーズとのことで、調べてみたところ・・・

実施店舗は、デニーズ新宿中央公園店
(〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-14-1 新宿グリーンタワービル2階)
でした。
こちらでも詳細を報道しています。↓↓
    Biglobeニュース
 
 

「テーブルオーダー」の種類

セルフオーダーのページでも詳しく解説していますが、テーブルに設置されるタブレットにはAndroidタブレットとiPadの2種類があります。
自社構築&注文専用機と連携

タブレットPOSレジシステムを開発している会社には、自らテーブルオーダーシステムを開発している会社と他社の注文専用機と連携している会社と2種類あります。
 

TECレジと連携するテーブルオーダー

このパターンは従来より多く存在し、「日本システムプロジェクト」のRelaxOrderや「さくらシステム株式会社」のMenuPad、株式会社ShoecaseGigの「O:der」、株式会社CROSS DREAMの「Crossi」など複数あります。
これらのテーブルオーダーは、単純に東芝TECレジに連携して注文を飛ばすというものでした。
 

自らフルレンジで開発していた会社

タブレットPOSレジ黎明期よりiPodハンディとiPadテーブルオーダーを提供していたのは、ITOSセルフオーダーやOrder levolutionなどで、株式会社okageなどが続きます。
 

 タブレットPOSと連動する会社

2018年8月にユビレジが提携した「iPadセルフオーダー」は、元々は神戸デジタルラボという会社で開発していましたが、現在イグレックという会社が事業を引き継いでおります。スマレジ、POSモコ、POSCUBEなども連携しています。

最近リリースされたテーブルオーダー

はんじょうPOSレジに待望のテーブルオーダーが加わりました!

『テーブルオーダー付きプラン』+48,000円/1端末・月額使用料20,000円 

【座席数】40席~

✓店舗面積が広くホールスタッフでカバーしきれない店舗
✓飲み放題、食べ放題を導入されている店舗
✓ランチタイムなど、忙しい時間帯が多い店舗
✓大人数でのご宴会のご要望をいただくことが多い店舗
ご宴会や、飲み放題・食べ放題など「お客様からのお呼び出し」が多く発生する業態の店舗にお勧めです。その点をカバーするセルフオーダーシステム。お客様も好きな時にスタッフの到着を待たずに追加注文ができるので、ストレスなくお過ごしいただけることをお約束します。海外のお客様が多いお店にもビジュアルで商品を選べるのでお勧めです。

USEN Register Table Top Order

OESだけじゃない!

2017年8月1日販売をスタート!

iPodTouchでオーダーするオーダーエントリーシステム(OES)を提供していたUSEN RegisterからオプションでiPadでテーブルからオーダーするセルフtypeがリリースされました。メニューは日本語の他に英語/中国語/ベトナム語の登録が可能なので外国人のお客様にも安心してご利用いただけます。

初期・機器費用無料!セルフオーダーシステム

U-Order byUSEN

2018年10月30日販売をスタート!

U-Orderは、現在のレジ環境はそのままに、初期・機器費用無料で導入ができるセルフオーダーシステムです。
放題メニューの注文に最適で、呼び出しベルよりも高機能を備え、フロアスタッフの省人化に繋げられます。
また、USENだからできる「全国148ヵ所のサポート拠点」「365日年中無休の専用ヘルプデスク」が、お店の運用を強力にバックアップします。

スマレジからも「テーブル・オーダーシステム」

フードビジネスプランのオプション契約

2019年2月リリース予定!

テーブルオーダーによる注文データは、そのままキッチン伝票として印刷され、ウェイターのテーブル管理やスマレジの取引データに反映されます。
1組のお客さまが複数回注文するような飲食店では、テーブルオーダーを導入することで、多くのメリットが得られます。
注文画面は、シンプルで使いやすいテンプレートをご用意しました。
また、別途お見積もりでカスタマイズにも対応しているので、お客さまがより閲覧しやすく、店舗の雰囲気に合わせたレイアウトで運用いただく事も可能です。

テーブルオーダーの進化は2パターン

(1)2018年頃よりオーダーエントリーシステムを提供していたベンダーが顧客の要望に基づきオプションでテーブルオーダーを開発した。
okageレジMAIDOSELFなどもこのパターンで、はんじょうPOSレジ、UレジFOODなどが続き「iPadセルフオーダー」と連携していたスマレジまでもが自社開発するようになりました。
 
➡従来のセルフオーダーシステムの欠点であった、画像制作を安価に作るテンプレートを提供していることも進化の現れかもしれません。
 
(2)U-Orderは、既存のレジを置き換えずにコバンザメ商法で、『放題メニュー』の入力と「店員呼出」機能に絞ったテーブルオーダーシステムです。導入がし易いように【初期費用無料】での提案となっています。
 
➡UレジFOODは、iPadレジでの供給ですがU-Orderは、Androidタブレットでの供給となり価格重視した結果なのかもしれません。プレス記事では、17,800円の2年契約とのことでした。
 
東芝TECレジを使用されている店舗などに、飲み放題の団体客へタブレット注文してもらうなどのニーズは結構あるかもしれませんね。
 
すでに、餃子の王将などにも普及しているテーブルオーダーですが、ますます安価で使い易くなると『人件費削減』だけではなく、多言語対応で海外からの旅行者などにも高い評価をされるのではないでしょうか。
 
ただ、高齢者の方々などはタッチパネルに抵抗があるようなので、今後、もっと斬新なサービスなどが登場しないかWatchしていきたいです。

クリックするとHPへリンクします

※各アプリ名をクリックすると詳細ページorメーカーHPへリンクしています。
 
【iPadを使ったPOS】 

ユビレジ
EC-ORANGE
スマレジ
ITOS 
Okageレジ
USEN Register
FLAVIUS 
クラウドPOS 
ポスタス
ぐるなびpos+(ポスタス)
tenposAir 

 【Androidを使ったPOS】 

はんじょうPOSレジ
マジレジ
ブレインレジスター
DealerShio/OrderShip
Padpos
CASIO/V-R7000 

【WindowsタブレットPOS】

Salasee
CLEVER POS
PosMOCO
ダイニングPOS
まいどREJI/HANDY
Order4U

 【ブラウザタブレットPOS】 

でん票くん
Refoma 
ポスキューブ

クリックするとHPへリンクします

【無料POSアプリ】

Airレジ
SYNKA(2017年10月末サービスを終了)
RegiPad(2017年12月28日サポート終了)
PiPiRE -ぴぴレ-
LOYVERSE

【ポイント連動POS】

ライブ・レジ

【業種別】
<汎用多業種対応>

ユビレジ
スマレジ
EC-ORANGE

<アパレル向け>

NEXPO
TABレジ

<飲食店向けPOS/OES>

POSCUBE
blayn
はんじょうPOSレジ
order4U
ポスモコ
でん票くん
Okageレジ
Uレジ FOOD
tenposair
MobilePOSレジ
POS+
oishino
MAIDO POS
でんちゅう
まねき猫 
K1くん 

 <美容室向け>

USEN Register for beauty
 Salon Pos Lite
Bionly
POWER KNOWLEDGE SGLite

<クリーニング向け>

STAR POS-CS版

<ナイト向け>

TRUST(トラスト)

 <飲食店向セルフオーダー>

iPadセルフオーダーシステム
SEMOOR 
CROSS i
e-menu
オーダーレボリューション
メニウくん 
MAXNAVI neo
デコレジセルフオーダーシステム
楽order 
TABLE PRO
REGICO
スマセル
 putmenu 
MAIDO SELF
 U-Order

※掲載を希望するメーカーの方は、お問い合わせ下さい。

※バナー広告募集中!
飲食店向けタブレットPOSレジの導入相談を対面で望まれる店舗オーナー様へは有料にて相談を受けるコンサルサービスを行っております。都内近辺で相談を希望される方はお問合せ下さい。