リテールテック2019

今年も東京ビックサイトで開催されました「リテールテック2019」を訪問し、レポート記事を掲載させていただきます。セミセルフレジなども多く出品されていましたが、今年は「マルチ決済端末」が沢山出展されていました。

2018年12月はpaypay100億円あげちゃうキャンペーンで10日間程盛り上がりました。スマホ決済は2019年もどんどん増えて20以上の種類になりそうな勢いです。そんなpay競争については、電子決済.com記事を御覧ください。→消費者還元制度始まりました!

最近『テーブルオーダーが増えてきました!』

2018年夏頃、株式会社USENより『USEN Register Table Top Order』がリリースされ、8月下旬にはユビレジからも「セルフオーダーシステム」がリリース!
2019年2月よりスマレジからも「スマレジ・テーブルオーダー」がリリースされる予定だそうです。
 
2018年10月に予定されている軽減税率に対応する補助金には、テーブルオーダーは入っていません。
それなのに、この時期各社がテーブルオーダーシステムをレパートリーとする理由は何なんでしょうか?
 
所説あるとは思いますが、一番の理由はハンディを使ったオーダーエントリーシステムでは人件費の削減にまで至らない為ではないでしょうか?
 
進化し続けている「テーブルオーダー」を特集し、調査&検証してみたいと思います。

レジ改修補助 申請期間再延長 2019年9月まで

2017/11/22 日本経済新聞記事


 
これまで申請には2018年1月末までのレジ改修が必要だったが、これを19年9月末まで延ばす。16年6月の消費増税延期などで政策の先行き不透明感が生じ、小売業者が対応をためらいがちになっていることが背景にあるようです。
対象となるレジは、8%と10%が混在となる食品を扱うものですので、下記経済産業省からの通達もご参照下さい。
 

詳細は、こちらのHPでご確認下さい。
スポンサーサイト

ANALYSISページへ

無線LANのウンチクはこちら

ANALYSISページへ

データをクラウド化!

MAKERページへ

タブレットPOS会社概要と価格!

2010年5月に発売された初代iPad。3か月後の2010年8月にユビレジがiPadレジ1号機として誕生!依頼7年間で100社近いタブレットPOSレジが提供されています。
 当サイトでは、タブレットPOSレジの詳細を調査の上、用途別・OS別・ハードウェア別・オプション別など様々な角度から比較して店舗オーナー様のお役にたてる情報を随時アップしています。
 ※機種選定に迷っている店舗様へは相談サービス始めました。
サイトオーナー

お客様スマホから注文出来るアプリ続々登場!

Waitery2menuでんちゅ~グルくる格安セルフオーダー メニュー.jpスマセル
Okageレジは、店外からの予約に使えるようです。(メーカー名をクリックするとHPへリンクします。)

2018年12月はpaypay100億円あげちゃうキャンペーンで10日間程盛り上がりました。スマホ決済は2019年もどんどん増えて20以上の種類になりそうな勢いです。そんなpay競争については、電子決済.com記事を御覧ください。→消費者還元制度始まりました!

【オススメ商品】

クリックするとHPへリンクします

What's New

2019/1/10

lightningケーブル接続プリンター登場 記事

2019/1/8

光回線なくても大丈夫? 記事

クリックするとHPへリンクします

POSレジは必要ですか?

情報を取っても活用できますか?

リアルタイムで売上情報などがわかる便利なPOSレジですが、導入前にやるべきことが沢山あります。


毎日管理をしっかりしないと・・・

商品マスタを作成し、その1品1品在庫数量を入れなければ本来のPOSレジに期待されるデータは取得できません!
POSの歴史はこちら➡
※バナー広告募集中!

最も普及しているiPadを使ったタブレットPOSレジはこちらから。

Androidは少数派!

こちらはもっと少ないです。

20年の歴史があります。
飲食店向けタブレットPOSレジの導入相談を対面で望まれる店舗オーナー様へは有料にて相談を受けるコンサルサービスを行っております。都内近辺で相談を希望される方はお問合せ下さい。